2021.10.28

コラム

【2021】EQの高い人が恋愛上手である理由とは?

eqの高い人は恋愛上手

EQとは「こころの知能指数」と言われ、自分の感情をコントロールしたり、相手の気持ちに寄り添ったりする能力です。企業や組織においては、コミュニケーションを円滑にすることで、生産性を上げる重要な役割を持つリーダータイプの人材といわれています。

他者の気持ちに寄り添えるEQの高い人は、同性にも異性にも好かれ、素敵な恋愛を経験することができる人物です。

ここでは、EQが高い人が恋愛上手な理由や、恋人に見せる態度、そしてEQを高める方法について解説します。ご自身もEQを鍛えて恋愛上手になりましょう。

EQとはどんな能力?

EQとは

EQとは「こころの知能指数」と呼ばれる能力です。仕事や恋愛で成功を収めている人の多くはこのEQの高い人であると言われており、次のような特徴があります。

自分の感情をコントロールする能力

EQの高い人は、自分の感情を上手にコントロールすることができます。

たとえば、他者のある言動に対して怒りの感情が湧いたとしましょう。そんなとき、EQの高い人は、その感情が沸き起こったきっかけとなることばを分析します。

そして、そのことばがなぜ発せられたかを想像するのです。自分がより良くなるためにかけられたことばである、その人の憂さ晴らしのための一言だったなど、自分の中での結論を導き出し、解釈します。

そして、そこまで深堀りできた自分が、改めてどのような感情を持つべきかを考えるのです。このようにすることで、自分の中に突如沸き上がる感情に振り回されることなく、冷静な態度でいることができます。

他者の立場に立って考えることができる

EQの高い人は、相手の気持ちに立って物事を考えることができます。仕事で失敗し、ひどく落ち込んでいる部下がいるとしましょう。

そんなとき、EQの高い人はその人を責めることはしません。相手が話したくなるまで待ち、自分の話は後回しにして、相手の吐露する気持ちに寄り添います。

しかし、それはEQの高い人が、相手に自分の意見を言わないということではありません。必要であれば、仕事がうまくいくように適切なアドバイスをし、その人の日々の行いや気遣いが、自分たちに必要であることを伝え鼓舞します。

そのような振る舞いは、相手に対して思いやりを持っているからこそです。EQの高い人の周りにはいつも人が集まり、多くの人と良い関係で関わり合っていけるでしょう。

コミュニケーションを通じ、良い結果を出せる

EQの高い人は、人とのコミュニケーションを億劫がらず、積極的に関わり合って、仕事でも良い結果を出すことができます。

企業で働いていると、1人だけの力で完結する仕事はほとんどありません。実際には、多くの人がそれぞれの持ち場を担当し、一つの仕事を作り上げているものです。

そのため、組織内でのコミュニケーションが円滑に取れていれば、仕事の打ち合わせもスムーズに進みます。また、EQの高い人はリーダータイプであることも多いため、滞っているタスクも適切に振り分け、たった一人で仕事を抱え込むなどの非効率が起きにくくなります。

結果的には生産性に直結することになり、コミュニケーション能力の高さは非常に重要であることがわかります。

EQの高い人が恋愛でもモテる理由

EQの高い人が恋愛でもモテる理由

ここまで解説してきたように、EQの高い人は自分や他者の感情を大切にし思いやり、お互いに良くなろうとする気持ちを持っていることがわかります。他者を大切にする人は、異性からも愛される人物ですので、同性異性を問わずに愛される存在になるでしょう。

では具体的に、EQの高い人のどのような点が異性の心をつかむのでしょうか?

EQが高い人は共感力が高い

EQの高い人は共感力が高いため、付き合っている相手の気持ちを常に大切にしてくれます。恋人が何を望んでいるか、どんなことを求めているかに気を配り、おろそかにしません。

そのため、恋人は自分が大切にしてもらえている実感を日々味わうことができます。また、恋人が怒ったり泣いたりしたときには寄り添い、わかり合おうとしてくれるのもEQの高い人の特徴です。

逆に、楽しいときには一緒に笑い、楽しんでくれます。EQの高い人が同じ気持ちになろうとしてくれることで、恋人にとって最高に居心地の良い場所となるのです。

IQの高い人よりもEQの高い人が良い

先ほど、「EQ」は心の知能指数であるとご紹介しました。同じような表現をするものに「IQ」があり、こちらの方が馴染み深いかもしれません。

「IQ」とは「知能指数」であり、その人の頭の良さを表す相対評価です。IQの高い人は非常に賢く、論理的思考に優れていると言われています。

しかし、恋愛とは論理的指向よりも感情が優先して働くものです。賢い人と付き合うよりも「一緒にいると楽しそう」「頭が良くても性格が幼稚だと苦労するから」などの理由で、EQの高い人との恋人関係を望んでいる人は少なくありません。

多くの人は、自分の気持ちを理解してくれる、EQの高い人と一緒に過ごしたいと感じているのです。

EQの高い人が恋愛で見せる特徴

EQの高い人が恋愛で見せる特徴

EQの高い人は、恋愛に対してポジティブであり、積極的です。好きな人や恋人に対しても、愛情や思いやりを持って接するでしょう。

ここからは、EQの高い人が好きな人に見せる特徴について解説します。

聞き上手

EQの高い人は、恋人の話をよく聞きます。それが愚痴でも、おもしろみのない話であったとしても同様です。自分の意見を言う場合は、恋人がすべて話し終えてからで、途中で話の腰を折ることはしません。

恋人は話を聞いてもらっているうちに、自分の気持ちや考えを整理でき、冷静になっていくことができます。それを辛抱強く見守ることができるのも、EQの高さの表れと言えるでしょう。

ポジティブ

EQの高い人は常にポジティブです。もしもお互いの仕事が忙しく、恋人になかなか会えないときでも、電話やメールなどの別の手段でコミュニケーションを取るようにします。

2人にとって望ましくない状況でも悪く捉えず、前向きに乗り越える強さを持っているのです。また、自分が恋人に振られてしまったときも、「自分の何がいけなかったのだろう……」など、ネガティブな考えを持ちません。恋愛は相性であり、くよくよするよりも新しい恋に向かう方が楽しいとわかっているからです。

気持ちを分かってくれる

恋人が落ち込んでいたり、憤っていたりするときには、EQの高い人はその気持ちに共感し、寄り添います。ゆっくりと話を聞いて、「嫌な気持ちになったんだね」「大変だったんだね」と、温かいことばをかけてくれるでしょう。

恋人の方に非があると考えられる場合も、今どうして恋人がこのような感情を抱いているのか、その感情そのものを大切にするからです。

しかし、EQの高い人はむやみに人を甘やかすことはありません。恋人の気持ちが落ち着いたところで、ゆっくりとアドバイスを与えることも忘れないのです。

人に対して優しい

EQの高い人は、恋人だけではなく、周りの人に対して非常に優しく思いやりのある態度を取ります。社会はコミュニケーションを取ることで、円滑に循環していることをわかっているからです。

そのため、EQの高い人には大勢の友人がいます。恋人にとってはやきもちを焼く原因になってしまいそうですが、恋人を複数作ることは多くの人を傷つけ、自分を裏切ることに他なりません。誠実な態度で恋愛に臨むところもまた魅力の一つと言えるでしょう。

精神的に強い

EQの高い人は、精神的な強さを持っているため、少しくらいのことで弱ったり動揺したりすることはありません。そのため、恋人に突然ショッキングな出来事を打ち明けられたり、別れを告げられたりしても、長い時間へこたれることがないのです。

恋人関係からやがて結婚し、そこからの長い人生を共にすることになった場合にも、非常に頼りになる存在として傍にいてくれるでしょう。

感情をコントロールできる

自分の感情をうまくコントロールできることも、EQの高い人の特徴です。もし、恋人と少しの間連絡が取れない場合でも「私のこと好きじゃないの?」「仕事と私どっちが大切なの?」などと問い詰めることもなく、衝動的に別れを切り出すようなこともありません。

恋愛に不安や怒り、嫉妬などの気持ちはつきものですが、それらの感情を冷静に見つめ、恋愛を実らせるための我慢こそ「感情のコントロール」そのものです。けんかをしても冷静で、むやみに相手を責めることがないため、いさかいも大事に発展しにくいでしょう。

情熱的

EQの高い人は情熱的です。自分の特別な人になると、相手に対して情熱をささげない人もいますが、EQの高い人は違います。
恋人に対して、日頃からの愛情表現を欠かしませんし、記念日も大切にするのです。

また、恋人がいない時は、恋愛自体に情熱を傾け、素敵な出会いを探すことに力を注ぎます。

EQを高める方法

EQを高める方法

EQの高い人は、恋愛の面でもとても恋人を大切にし、尊重することをお伝えしてきました。素敵な恋愛に出会うためにも、自分のEQを高めたいを感じた人は多いことでしょう。

しかし、そのEQが後天的に伸ばせるものなのか、そうであればどのようにして伸ばすかの方法について、疑問を持たれているのではないでしょうか?

先天的な能力と言われるIQとは異なり、EQは後天的に伸ばすことができる能力と言われています。また、特別な訓練は必要がなく、普段の心がけを少し改めるだけで、大きく変わるものです。そこで、ここからは、EQを高める方法について解説していきましょう。

自分の感情のくせを知ろう

喜び、怒り、悲しみ……それらの感情は、すべて何らかのきっかけがあって起きるものです。その「感情のくせ」は人によってさまざまですが、その人なりのパターンがあります。

どのような要因によって、どんな気持ちになるかを知っておくことで、自分の感情を把握し、ある程度コントロールすることも可能です。自分の感情が、何をきっかけにどのように働くかのメカニズムを知っておきましょう。

積極的にコミュニケーションを取ろう

EQを高めるためには、周りの人と積極的にコミュニケーションを取ることも必要です。相手の気持ちを思いやったり、その人の立場になって考えたりするということは、人と関わる経験がないとできないからです。

また、自分と波長が合う人とばかり付き合っていると、コミュニケーションについて深く考える機会を失ってしまいます。相手に得意不得意はありますが、不得意と感じる相手こそ、自分の学びのチャンスです。積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

聞き上手になろう

相手の話をじっくり聞き、受け止められるようになりましょう。人の話をただじっと聞くことを「傾聴」と言いますが、言葉ほどに簡単ではありません。

自分の意見は後回しにして、じっくり話を聞くことで、相手は思いの丈のすべてを打ち明け、さなかには気づかなかったことにも思いを巡らせることができるようになります。相手が自分自身の心の中に気づく前に意見を言うことなく、ただ聞き、見守ることができるのは、相手のために時間を割けることを厭わない、EQの高い人の思いやりそのものなのです。

ネガティブな考えを振り払おう

チャレンジした結果失敗したり、想定外の悪いことが起きたりすると、人間は消極的になりがちです。また同じことが起きてしまうかもしれないとしり込みしてしまいます。

しかし、積極的にチャレンジできないことは、すなわち停滞を意味するものです。また同じ失敗を繰り返すことがあっても、二度目にあたるわけですから、前回よりもっとうまく立ち回れる可能性もあります。

失敗を恐れず、ネガティブな思考は振り払って、チャレンジする気持ちを忘れないようにしましょう。

決断力を持とう

気になっていた人に告白されたけれど、友人関係が変化してしまうのが辛い。付き合っても良いのか、このままの関係がいいのか。

これは誰でも悩むシーンです。EQの高い人は、このような悩みを引きずらず、自分で設定した期限までに決定します。決断をしないということは、チャンスを逃すということでもあります。それは自分にとっても、また相手にとっても同様です。

まとめ

恋愛とは、相手の心を大切にすることから始まります。人を好きになり、長い時間を共に過ごす相手の心に寄り添い、理解しようとする気持ちが必要です。そのためにも、良い恋愛をするためには高いEQが必須と言えます。

EQは先天的な能力ではなく、後天的に身につけることが可能です。恋愛に限らず、人間関係を良くする術を身につけることで、企業や組織でも良好なコミュニケーションを取り生産性を上げていくことができるでしょう。

優れた人材育成のためにも、EQを高めるための教育を導入してみてはいかがでしょうか?当社が提供している「EQGW」では、独自のEQ検査と高い専門性を持つコンサルタントがチームや個人に最適な方法でサポートします。少しでも興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

ABOUT US

株式会社グロースウェル 代表取締役。顧問先20社支援中、社長の平均年齢35歳。システム部門やプロダクトチームの組織的な3つの問題を解決する。累計500名超国内トップクラスのEQベースのビジネスカウンセラー
preview

PREV

【2021】EQが高い人の適職は?結果を出せる立場や業務とは?

BACK TO LIST

NEXT

next

【2021】ビジネスで注目される「EQ」とは?成功のために必要な理由